植毛はばれるからやめたほうがいい?

公開日:  最終更新日:2017/01/06

%e6%a4%8d%e6%af%9b%e3%81%af%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%bb%e3%81%86%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%84%ef%bc%9f
「植毛はばれるからやめたほうが良い」という意見が出回っていて不安を抱えている男性は多いかもしれません。

しかし、全ての植毛手術で違和感の残る髪型になるのではなく、方法によって見た目のイメージは大きく変わります。

  • 自毛植毛⇒自分の髪の毛を使うので自然なヘアスタイルになる
  • 人工毛植毛⇒ナイロンやポリエステルで作られた人工毛を使うので既存の髪の毛とマッチしない

つまり、自毛植毛をクリニックで受ければばれる確率は低くなり、誰にも告白せずに薄毛を克服できます。

自分の髪の毛を使うだけではなく、手術を受けてから生え揃うまでに時間がかかるので増え方が自然という特徴があるのです。

「急に髪の毛が増えた」という時間的な違和感を解消でき、人工毛植毛よりも注目を集めている理由なのではないでしょうか。

それでも、100%ばれないと言い切ることはできず、少しでも違和感の残らない髪型にするためのポイントを以下では簡単にまとめてみました。

技術力の高い名医による手術を受ける

自毛植毛は手作業で行うにしてもパンチといった器具を使うにしても、担当医の腕によって仕上がりが大きく異なります。

  • 生え方
  • 向き
  • 角度
  • 密度

これらの要素を意識して植え込まなければならず、技術力の高い名医による手術を受ければ自分の希望する髪型へと整えてくれるはずです。

医療事故のような大きな失敗に繋がるケースは皆無でも、ばれる可能性を極限まで低くしたいのならば今までの症例数が豊富で信頼できる医師やクリニックを探してください。

帽子を被ったり増毛パウダーを使ったりする

自毛植毛の施術直後は患部が赤く腫れたりかさぶたが形成されたりと、普段とは異なる状態に陥ります。

これは外科的な手術を受ける以上は致し方ないので、帽子を被ったり増毛パウダーを使ったりして上手くカモフラージュしてみましょう。

仕事の関係上、帽子を職場で被れないという男性は多いかもしれませんが、頭皮を丸ごと隠してくれるアイテムとしては最適です。

薄毛部分へとふりかける増毛パウダーも自分の髪の毛が増えたような状態を1日限り維持でき、洗髪で綺麗に落とせる効果的なグッズとなっています。

  • 自然に地肌をカバーできるアートミクロンプラビ
  • 1,000円という格安料金で試せるスーパーミリオンヘアー
  • コスパが良くて5色のカラーが用意されたマジックパウダー

このような製品が人気を得ており、自毛植毛後に使ってみてはいかがでしょうか。

ただし、どの増毛パウダーも基本的に雨や汗といった水に弱く、濡れると流れ落ちるので注意してください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑