植毛はどれくらいもつ?

植毛はどれくらいもつ?

公開日:  最終更新日:2017/01/06

植毛はどれくらいもつ?
「植毛手術の効果はどれくらいもつのか?」「植毛の寿命は何年間くらいなのか?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

確かに、手術を受けて自分の髪の毛が増えてフサフサのヘアスタイルになったとしても、数年後に元の悲惨な状態に戻ってしまっては意味がないのです。

植毛の寿命に関しては手術の方法によって異なり、どれくらいもつのか事前に確認しておきましょう。

人工毛植毛の寿命

ナイロンやポリエステルといった人工毛を頭皮へと植え付ける人工毛植毛は寿命が短いという特徴があります。

  • 1年間程度が経過すると半分近くが抜け落ちる
  • 2年間程度が経過するとほとんどが抜け落ちる
  • 理想の状態を維持するために定期的なメンテナンスが必要

上記のようなデメリットがあり、人工毛植毛がおすすめされていない大きな理由です。

現在では医療技術の発達により、どんな植毛手術でも安全に受けられるようになりました。

医療事故が引き起こされるケースはほぼ皆無ですし、植毛先進国のアメリカに習って日本の医師も技術力を日々磨いているのです。

しかし、人工毛植毛は異物を植え付けることになるので寿命が短く、「定期的なメンテナンスを行わなければならない」「頭皮の炎症や化膿のリスクが高い」というデメリットもあるので絶対に受けないでください。

自毛植毛の寿命

同じ植毛手術でも自分の髪の毛を植え付ける自毛植毛の寿命は長く、半永久的に生え続けてくれるのが特徴です。

もちろん、私たちの毛髪は永遠に伸び続けるわけではありませんし、成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルを経て自然と抜け落ちていきます。

このメカニズム自体は変えられないものの、自毛植毛で移植する後頭部や側頭部といった部位の髪の毛は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくく、毛母細胞の細胞分裂の回数に限界が来ないので抜けても新しく生えてくるのです。

「自毛植毛はどれくらいもつのか?」という質問には「半永久的」と答えられ、だからこそ人工毛植毛よりも圧倒的に注目を集めているのではないでしょうか。

  • 育毛剤のミノキシジルを頭皮へと塗布する
  • 内服薬のプロペシアを服用する
  • 薬剤を注入する育毛メソセラピーを受ける

このようなAGA治療は基本的にずっと行い続けなければならず、期間が長ければ長いほど高額な費用がかかります。

その点、自毛植毛は1回の手術を受けるだけで良いですし、結果的にトータルコストを抑えられるので選択肢の一つとして考えてみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑